国民生活センターについてまとめてみた。消費生活センターとの違い、相談事例や窓口について

国民生活センターってよく聞くけど、どんなものなのかよくわからないですよね。
さくっとまとめてみたので、時間のある方は読んでみてください。

 

 

ざっくり説明

wikipediaによると。

 

独立行政法人国民生活センター(こくみんせいかつセンター、英: National Consumer Affairs Center of Japan)は、独立行政法人国民生活センター法に基づき設置された日本の独立行政法人。

 

国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施することを目的とする。

 

・・・・結構難しいですが、何かをモノを買ったり、サービスを受けた時のトラブルについて相談に乗ってくれるということですね。

 

訪問販売のトラブルとか、インターネットでの課金、住宅のトラブルなどいろんな例があります。
普通に生きていると時々遭遇するので、相談先を知っていると心強いと思います。
借金なら、年利がめちゃくちゃ高かったり、元本が減らないという感じです。
この場合は、司法書士とかに相談した方が早いです。

 

国民生活センターと消費生活センターとの違い

 

 

消費生活センターは、国民生活センターの中にある一部門みたいです。

 

 

「消費生活センター等では、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、公正な立場で処理にあたっています。」(公式ページ)

 

国民生活センターは色々な相談を受け付けるのですが、その中でも商品やサービスを中心に相談を受けるという部署ですね。

 

 

土日に消費生活センターにつながらない場合は国民生活センターで相談を受け付けるので、
兄弟的な関係なのかも。

 

消費生活センターの場合は、都道府県に支部があり、国民からの相談を受け付けています。
都道府県の下に、市町村ごとの消費生活相談窓口があるので、かなり大きな組織ですね〜。

 

商品やサービスでトラブルがあったら、最寄りの窓口に相談してみるとよいですよ。
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html(←消費生活センター都道府県別一覧)

 

 

ちなみに、消費者ホットライン(全国統一番号)というのがあって、こちらに電話すれば最寄りので消費生活センターを案内してくれます!

 

消費者ホットラインの番号「188」

 

 

国民生活センターが扱う相談事

 

いろんなことを扱っているのですが、代表的にはこんな感じです。

 

・自然災害時の悪徳商法
・国民生活センターを語る電話など
・インターネットトラブル
・若者の消費者被害
・高齢者の消費者被害
・クーリングオフ

 

etc

 

基本的に、詐欺とか、騙された系の話は全部相談できる感じですね。
時代ともに新しい詐欺が生まれているので注意したいところです。

 

 

実際のリアルは相談事例はこちらから読めるので、一通り読むと騙されれにくくなるきがします。
http://www.kokusen.go.jp/category/jirei.html